外伝【10話】親子関係(攻略)

グラクロの外伝【10話】親子関係の攻略情報を紹介しています。
適正キャラや攻略ポイントなど参考にしてみてください。

外伝【10話】親子関係の基本情報

闘級 属性 攻撃力 防御力 HP
124000 体力 12419 4620 147558
特殊戦技 ・攻撃スキルから受けるダメージ20%減少
・戦場に一人生き残った場合、攻撃力50%増加
・貫通率20%増加
・スキル使用回数増加
・魔神族に与えるダメージ20%増加
ステージ特性  魔神族は受けるダメージが増加する

外伝【10話】親子関係の攻略ポイント

ダメージはしっかり通る

特殊戦技に攻撃スキルからの被ダメが減るというものがあるが、もとの防御力が低いのでダメージはしっかり通る。この特殊戦技は気にしなくてOK。

メリオダスが危険

編成必須キャラはメリオダスだが、魔神族は受けるダメージが増加してしまうステージ。育成次第では危険なキャラとなるので、サブデッキ編成も視野に入れよう。

全体攻撃もあると楽

敵はボス以外にも雑魚が数体登場するので、一気に殲滅するためにも全体攻撃スキル持ちがいるとボス戦以外も安定した立ち回りができる。

外伝【10話】親子関係の適正キャラ

おすすめキャラ おすすめポイント
【聖戦の戦士】メリオダス ・編成必須キャラ
・高火力アタッカー
【殲滅状態】メリオダス ・編成必須キャラ
・全体攻撃スキル持ち
【無敵の権化】エスカノール ・単体火力が高い
・高火力アタッカー
【不死の生還者】バン ・全体攻撃スキル持ち
・バフで回復が可能
【護る王】ハーレクイン ・全体攻撃スキル持ち
・バリア展開できる特殊戦技
【ストレンジャー・シングス】イレブン ・全体攻撃スキル持ち
・高火力アタッカー
【竜巻の降臨】サリエル ・挑発スキル持ち
・高火力アタッカー
【グラムの主】シグルド ・全体攻撃スキル持ち
・高火力アタッカー

 

外伝【10話】親子関係攻略パーティ例

編成必須のメリオダスは優秀キャラが多いので、アタッカーとしては最適。キャラ育成がいまいちの状態で挑むとメリオダスは被ダメが増える対象となり足を引っ張るので、サブデッキ編成にするのがおすすめ。基本的にはアタッカー多めの編成でOK。

まとめ

ストーリーはとうとう地上を離れた。これからどんどん目が離せないストーリーとなるので、エンディングまで駆け抜けたい。

Author: uya15

コメントを残す